前向きに生きるためのナイトワーク

余裕のある生活が出来ました

私は田舎の方に元々住んでいました。高校を卒業した後は、都会の方にある大学に進学し田舎を出たんです。親の援助は一切受けず、高校の時にバイトで必死に貯めた貯金を使いつつ一人暮らしをしました。生活をしていく上で居酒屋さんのバイトをしていましたが、やはりそれだけでは追いつかずある時目に入ったのがキャバクラの求人広告でした。キャバクラでは一回も働いた事が無く不安でしたが、人と接するのは嫌いじゃないし一日だけ体入をしてみたんです。夜の世界については無知な私でしたが、同じキャスト同士の先輩方やボーイさんが優しく教えてくれたりしました。キャバクラって言ったらキャスト同士のいじめや派閥などがあると聞いていたので怖いイメージを持っていましたが、このお店の人たちは凄く良い人達ばかりで居心地が良くとても安心して働けましたね。お陰様で無事に余裕のある生活も出来、今では自分に何かあった時の為の将来の貯金をしている所です。